1. TOP
  2. ミナトBLOG

クラウン GRS200系 リフレッシュプラン。 ATF完全圧送式交換とDSCでインテークのカーボン除去。

s-IMG_7816

 

三重県からお越し頂いたのは

トヨタ クラウン GRS202

走行距離 70000km

 

 

 

 

今回の依頼はリフレッシュプラン。

 

ある程度年式・走行距離が経過した車両を、

車両全体を診ながら総合的にリフレッシュする

弊社おすすめの整備メニューです。

 

 

 

 

s-IMG_8432 s-IMG_8437 s-IMG_8438 s-IMG_8444 s-IMG_8428 s-IMG_8431

 

試運転をして排気ガスやECUデータをチェック。

トータルアライメントも測定し足回りの状態も確認します。

 

バッテリーアナライザーで充電状態も確認し、

リフトアップして各部を点検します。

 

 

 

 

過去の整備暦も問題なく、全体的に車両状態は良好。

 

・普段あまり整備しない箇所、

・他社ではなかなか出来ない作業

 

そのあたりを中心に整備内容をプランニング、

なるべく新車時に近づけるのが目的です。

 

 

 

 

プラン御見積をメール送信し、

TELで内容を説明しながらプランを修正。

 

オーナーさんからOKが頂けたので、

作業を開始しますね。

 

 

 

s-IMG_7818 s-IMG_7824 s-IMG_7826 s-IMG_7829

 

 

ガソリン直噴エンジンはインテークバルブに

煤(カーボン)が蓄積するのはご存知だと思います。

 

http://minato-motors.com/dsc/

 

このトヨタ・レクサスのGR系直噴D-4エンジンは、

その代表格ではないでしょうか?

 

 

 

s-IMG_7830s-IMG_7841 s-IMG_7834 s-IMG_7836 s-IMG_7837

 

 

 

6気筒12ポート全てにカーボンが

強固に固着していますね。

 

 

燃焼熱でカーボンはカチカチ、

ポート内径にはビッシリと煤が蓄積しています。

 

 

 

s-IMG_7843 s-IMG_7844 s-IMG_7846 s-IMG_7854

①ドライアイス洗浄特徴

 

弊社が開発したDSC

(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

 

 

ドライアイス3mmペレットを圧縮空気で高速噴射。

 

(熱収縮と昇華爆発力)

ドライアイスの特性を利用したドライアイス洗浄。

 

 

ドライアイスはCO2になって消えるので、

残留の心配も皆無です。

 

 

 

s-IMG_7847s-IMG_7848s-IMG_7850s-IMG_7851

 

 

軽く数秒ショットすれば、

柔らかいドライアイスペレットが

直撃した部分だけキレイになりましたね。

 

(ペレットは結構柔らかく、指で潰せるほどの固さです。)

 

 

 

 

数種類あるDSC特注ノズルを組み合わせて、

さらにポートとバルブを洗浄しますね~。

 

 

 

 

s-IMG_7856 s-IMG_7858 s-IMG_7859 s-IMG_7860 s-IMG_7861 s-IMG_7864

 

 

エンジンO/H以外でここまでキレイに、

かつ短時間で完了するのはDSCのみでしょう。

 

 

特にGR系の細く深いインテークポートの

奥底にあるバルブを完璧にキレイにするのは

手作業では無理だと思います。

 

 

(VW・アウディ・BMW等のポートは

広くて浅いのでまだ作業はしやすいでしょう。)

 

 

 

ネット検索してもGR系エンジンは

弊社以外ではヒットしないのもそんな理由。

 

 

再利用不可はガスケットのみになります。

 

 

s-IMG_7820 s-IMG_7823 s-IMG_7821 s-IMG_7822 s-IMG_7828

 

 

交換時期の10万キロ前ですが、

インテーク系部品が外れている状態なら、

GR系のスパークプラグ交換はイージーです。

 

 

NGK高性能プラグ(イリジウムMAX)で交換しました。

(DSCと同時交換をオススメしています。)

 

 

 

s-スワール

 

スロットルボディも清掃して、

学習値もリセットし初期化しました。

 

 

スムーズな吸気の流れは

燃料攪拌には非常に重要。

 

 

燃料噴射から点火までの時間が短い直噴エンジンは、

いかに効率よく燃料と空気を混ぜるのがポイントだそうです。

 

 

あんなにカーボンが溜まっていたら、

新車設計時の気流にはならないですよね。

 

 

攪拌にムラがあれば、また煤が発生しますし・・・。

 

 

 

s-IMG_7750

 

次はATF完全圧送式交換。

 

 

交換効率の高い圧送式交換が出来ない

クラウンの密封式6速ATでしたが、

 

自社で開発したアダプターで、

不可能を可能にしたのが数年前。

 

 

おかげさまで全国各地から

ATF交換のご依頼を頂いております。

http://minato-motors.com/blog/?p=11360

http://minato-motors.com/blog/?p=14223

 

 

 

 

s-IMG_7752 s-IMG_7754 s-IMG_7756 s-IMG_7760 s-IMG_7762

 

 

ATF交換前にオイルパン洗浄・ストレーナー交換。

 

 

磁石に付いた鉄粉を除去し、

ガスケット・ストレーナーも交換します。

 

 

 

 

s-IMG_7771

 

元の状態に組み立てて、

アダプターを装着しエンジン暖機。

 

まずは純正同等ATFの

アイシンAFW+でプレ洗浄を行います。

 

 

 

 

ちなみに弊社はATF交換作業が多く、

20Lペール缶では追いつかないので、

アイシンAFW+は200Lドラム缶 X2本を

ストックしています。

 

 

 

 

それではATFチェンジャーをセットして

規定容量分をイッキに入れ替えますね。

 

 

s-IMG_7774 s-IMG_7781 s-IMG_7784 s-IMG_7786 s-IMG_7788

 

やっとココまでキレイになりました。

 

 

 

奥に見える新油よりかはやや汚れていますが、

中央ビーカーの廃油と比べると結構キレイになりましたね。

 

 

 

s-IMG_7793

 

 

本命に使用するATFは

NUTEC ニューテック『NC-65』

 

 

NUTEC最高峰ハイパフォーマンスATF

全化学合成ATF(エステル系)

 

市販ATFでは最強レベルの油膜性能は、

ローフリクション・ハイパフォーマンス。

 

 

 

ストリート走行メインの方はもちろんですが、

サーキット走行ユーザーさんから指名率が非常に高く、

またリピート率も高いですよね。

 

 

 

 

 

s-IMG_7794 s-IMG_7796 s-IMG_7799 s-IMG_7804 s-IMG_7808 s-IMG_7811 s-IMG_7814

 

 

もう一度NC-65で圧送式交換すれば、

キレイに入れ替わりましたね。

 

 

 

注意

NC-65は薄緑色で色味が弱いです。

AFW+の赤色に干渉されますので、

色までは完全に入れ替わりません。

 

 

 

次回交換推奨時期は6万キロ。

 

高い初期性能が長く継続するので、

AT保護とロングライフ化には有効ですよ~。

 

 

s-IMG_8639 s-IMG_8641

 

デフオイルもNUTEC NC-70 75W90

 

こちらも全化学合成ギアオイル(エステル系)で、

純正以上をお求めの方にはオススメしています。

 

 

 

 

s-IMG_8461

 

次回ブログも引き続き、

クラウンのリフレッシュプランを紹介します。

 

ブッシュ・ブレーキ・E/Gなどなど

まだまだ作業は続きますよ~。

 

お楽しみに~!!

 

 

 

2017年9月10日

このページのトップへ