1. TOP
  2. ミナトBLOG

マツダ CX-5にATF交換&DSC。   煤も汚れもキレイ・スッキリさせました。

s-IMG_7466

 

 

広島県からお越し頂きました。

マツダ CX-5 KE2AW

走行距離 76200km

 

 

 

 

・ATF圧送式交換 for NUTEC NC-65

・DSC(ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)

 

2点セットのご依頼です。

 

 

s-IMG_7543

 

まずはATF交換から始めましょう。

 

 

試運転をしてからATFチェック。

 

7万キロ無交換で走行すれば、

真っ黒にフルードが劣化していますね。

 

 

 

 

s-IMG_7548

 

 

密封式ATに弊社オリジナルアダプターを接続すれば、

交換効率の高い圧送式交換が可能。

 

 

 

サクサクと接続して、

まずはプレ洗浄を行いますね。

 

 

s-IMG_7551 s-IMG_7555 s-IMG_7559 s-IMG_7563 s-IMG_7564 s-IMG_7567

 

 

奥にみえる新油と比べると少し汚れていますが、

中央ビーカーと比べるとかなりキレイになりましたね。

 

 

このまま15分ほどアイドリングで待機します。

 

 

 

 

s-IMG_7572

 

スカイアクティブ6速ATには(NUTEC NC-65)

 

ニューテック最高峰のハイパフォーマンスATF

全化学合成(エステル系)

 

 

 

もともとフルード負荷の高いDCT用に開発され、

大排気量・高トルク車のDCTや多段ATに推奨しています。

 

 

 

マツダSKY-Dr 6速ATでも

既に多くの車両で圧送式交換をしましたが、

レクサス・トヨタ車6速同様に

Goodな評判をお聞きしています。

 

 

s-IMG_7573

 

 

プレ洗浄ATFからNC-65に入れ替えて、

もう一度全量交換しますね。

 

 

 

 

s-IMG_7576 s-IMG_7577 s-IMG_7580 s-IMG_7584 s-IMG_7587 s-IMG_7590

 

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

 

注意

NC-65は薄緑色のため色味が弱いです。

プレ洗浄ATFの赤色に干渉されるので

色までは完全に入れ替わりません。

 

 

 

 

 

最後に規定油温でフルード量を調整しました。

 

 

 

 

オイル・フルード・グリスなど

自動車で使用する以上は必ず劣化します。

 

使用箇所や環境によって交換サイクルは変わりますが、

ATFの場合は純正レベルであれば4万kmが目安でしょう。

 

ATのシフトフィーリングは低下し、

スムーズさが無くなれば気が付くと思います。

 

また機械保護にも劣化したATFを交換するのは、

予防整備として有効だと思いますよ。

 

 

 

 

NC-65なら初期の高い性能が継続し、

6万キロが次回交換推奨距離ですね。

 

 

 

s-IMG_7468

 

 

次はDSC

 http://minato-motors.com/dsc/

 

 

もともとガソリン直噴エンジンのインテークバルブに蓄積する

強固なカーボンを 何とか除去できないか?と

自社で作業を開発したDSC。

 

(ノズルや手順を改良しSKY-Dにも対応。)

 

 

 

インテーク系統に蓄積するディーゼルカーボン(煤)を、

完全除去したいと思います。

 

 

 

s-IMG_7469 s-IMG_7472

 

インテーク系の部品を分解し、

EGRバルブも外しました。

 

 

 

煤はエキゾースト(排気)からEGR経路を通過して、

インテーク(吸気)系統に運ばれ蓄積します。

 

 

 

途中にある2つのEGRバルブには、

基本的に煤は蓄積しません。

(薄っすら汚れる程度)

 

 

 

その先にあるエンジンヘッドやインテークマニホールド、

吸気シャッターバルブで急激に蓄積するのですよ~。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7474 s-IMG_7476

 

 

 

 

 

インマニとシャッターバルブをパカッと外すと・・・。

 

 

 

 

 

s-IMG_7497 s-IMG_7481

 

 

 

こうなると過給新気(O2)は入りづらくなり、

逆にEGR系統は詰まらないので

EGR(CO2)は必要以上に流入する。

 

 

パワーの元になる新気(O2)

排気浄化のためのEGR(CO2)

 

 

両者のバランスが狂えば、

設計通りの性能発揮は難しいと思います。

 

 

 

s-IMG_7498 s-IMG_7500 s-IMG_7502 s-IMG_7503 s-IMG_7504 s-IMG_7506 s-IMG_7507

 

 

 

エンジンヘッド側のインテークポートも

結構な量が蓄積していますね。

 

 

5~8mmぐらいの厚みでしょうか?

 

 

s-IMG_7511

 

 

 

 

 

 

こうなれば手作業での除去はほぼ不可能。(O/H以外)

 

試しにポートをホジホジすると・・・。

 

 

 

 

s-IMG_7526

 

 

掘っても掘っても、

取っても取ってもキリが無い。

 

 

モコモコ煤が出てきます。

 

 

s-IMG_6351

s-IMG_6224

 

 

次世代洗浄システム (ドライアイス洗浄)

 

 

圧縮空気でドライアイスペレットを高速噴射し、

付着物に直撃させ剥離除去。

 

また母材にノーダメージの洗浄方法は、

各製造産業のメンテナンス分野で採用されています。

 

 

 

 

 

ドライアイス(CO2)は大気に消えるので、

残留物は無く後処理も不要。

 

日帰りもしくは一泊預かりで完了するので、

O/Hのような多くの時間と費用が掛からない。

 

 

 

①ドライアイス洗浄特徴 s-IMG_4972

 

上記画像はお見せ出来る範囲の作業風景。

実作業は見学不可の企業秘密となっています。

 

 

 

 

 

熱収縮と昇華爆発力。

 

噴射された-79℃のペレットが

付着物と母材金属の隙間に入り込み、

固体から気体へ750倍の体積膨張。

 

 

ちょっとした小爆発が繰り返され、

強固な付着物もイッキに剥離するのです。

 

 

 

サンドブラストのようにメディア研磨力で

対象物を削っている訳ではないのですよ。

 

(硬い粒をブチ当てているのがサンドブラスト。)

(逆にドライアイスペレットは非常に柔らかい。)

 

 

 

s-IMG_7515 s-IMG_7516 s-IMG_7517 s-IMG_7518 s-IMG_7519

 

 

 

軽~くワンショットすれば

ペレットが直撃した部分だけ

キレイに剥離しましたね。

 

(素地のアルミは全く無傷。)

 

 

 

 

 

 

弊社がDSC用に開発した

数種類のノズルを組み合わせて、

インテークポート&バルブをキレイにします。

 

 

 

もちろんインテークバルブは全閉にし、

1気筒づつ作業しました。

 

 

 

s-IMG_7521 s-IMG_7522 s-IMG_7531 s-IMG_7532 s-IMG_7520 s-IMG_7527

 

 

画像では見えませんがバルブ傘部やシャフト裏まで、

完全に煤を除去完了。

 

 

特にバルブ傘部の固着した煤塊は、

結構ガンコでしたよ~。

 

 

 

 

 

s-IMG_7533 s-IMG_7535 s-IMG_7536 s-IMG_7537 s-IMG_7539 s-IMG_7541

 

 

 

インテークマニホールド・EGRパイプ、

電子制御の吸気シャッターバルブ・EGRバルブ。

 

DSCで完全にクリーニングをして、

再利用できないのはガスケットのみ。

 

 

 

(純正ガスケットは常時在庫しています。)

 

 

 

s-IMG_7504 s-IMG_7532 s-IMG_7497 s-IMG_7541

 

 

この差を見てどう思いますか?

なにも影響はないと思いますか?

 

 

 

ディーゼルなんて

空気吸ってナンボのエンジンですからね。

 

 

 

 

s-IMG_7542

 

 

元通りに組み立て、完全暖機。

 

各学習値を初期化して、

燃料噴射量を再学習。

 

 

試運転をして納車になりました。

 

 

 

どんな車両でもイイ状態で長く使用するには、

適切なメンテナンスは必要だとアナウンスしています。

 

 

s-IMG_7592

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

 

多くのお客様は遠方からお越しになられるので、

作業中は大阪観光を楽しんでいるそうですよ。

 

目の前にあるJR阪和線もず駅から

約30分で大阪中心のキタ・ミナミに到着します。

 

 

 

 

(お好み焼き・たこ焼き・道頓堀・カニの看板)などの

TVでよく見るベタベタな大阪はミナミにあります。

 

またUSJも代車で高速道路を利用すれば、

こちらも30分以内には着くでしょう。

 

 

 

 

SKY-2.2D搭載のアクセラ・CX-5・アテンザ。

 

ATF交換とDSCのお見積・ご予約は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしています。

 

Happy Car Life!!

 

 

 

2017年8月30日

このページのトップへ