1. TOP
  2. ミナトBLOG

クラウン200系 リフレッシュプラン。  ブレーキやE/G補機類などのメンテナンス。

前回ブログの続きです。

 http://minato-motors.com/blog/?p=14762

 

三重県からお越し頂いたクラウン GRS202。

走行距離 70000km

 

 

s-IMG_8489

 

リフレッシュプランでお預かりし、

完全圧送式ATF交換・DSCは完了しました。

 

 

 

他の箇所も整備しますね。

 

 

s-IMG_8454

 

フロントブレーキパッドの残量はほぼゼロ。

 

ディスクローターをガリガリ削ってしまう寸前でしたね。

 

 

 

 

s-IMG_8477

 

リアブレーキパッドはまだ残量は残っていますが、

内外のパッドの厚みに差が出ています。

 

 

 

この点検結果でブレーキパッドのみ交換するのは、

あまり良くないと思いますよ~。

 

 

パッド残量厚みに差が大きい場合は、

何か原因があるはずですし。

 

 

 

 

 

s-IMG_8528 s-IMG_8534 s-IMG_8552 s-IMG_8559 s-IMG_8576

 

フロント・リアのブレーキキャリパー オーバーホール。

 

 

近頃の品質向上したキャリパーシールから、

フルード漏れはほとんど無くなりました。

 

 

ですが高温下で使用されるシールゴムは、

年々硬化し劣化します。

 

 

 

 

簡単に言えばフルード漏れはしないが、

硬化劣化するとキャリパー性能は低下する。

 

 

10年に一度ぐらいはキャリパーもリフレッシュしましょう。

 

 

s-IMG_8480 s-IMG_8496 s-IMG_8507

 

 

(研磨精度重視のMade in Japan)

スター社製ディスクローター研磨機。

 

 

 

 

ブレーキパッド交換とディスクローター研磨は

基本的にはセットとお伝えしています。

 

ですがあまりにもパッド残量が残っていれば、

モッタイナイので再利用も可能。

 

 

 

 

今回は前後ともに新品パッドに交換します。

シムは洗浄し再利用しました。

 

 

s-IMG_8593 s-IMG_8596

 

 

ブレーキパッドにはWAKO’S BPR。

 

高性能ブレーキパッドグリスを

パッドとシムの間に塗り込みますね。

 

 

低温から高温まで安定したグリス粘度を、

長期間維持し音鳴りや微振動を防ぎます。

 

 

 

s-IMG_8605 s-IMG_8612

 

ディスクローターは化粧直し程度の耐熱塗装。

 

ローターには完全な防錆を求めなくても、

良いのではと思っています。

 

 

ブレーキフルード交換とエア抜き作業をして、

数キロ走行すればパッドの当る部分だけ

キレイに塗装が剥がれますよ。

 

 

 

 

s-IMG_8511

 

サイドブレーキ調整が甘く、

ダストや汚れもありましたので

清掃して再調整しました。

 

 

ここまですればブレーキ関係は

当分ノーメンテでいけると思います。

 

 

 

s-IMG_8615 s-IMG_8619

 

サーペンタイン式補機ベルトの交換と

プーリー・ベアリングも交換します。

 

 

特にオルタネーターのワンウェイクラッチプーリーは

未対策品が装着されていたので純正改良品に交換します。

 

 

・1-Wクラッチプーリーが破損→異音と振動発生。

・振動がオルタのローターシャフトに影響して曲がる。

・ローターとステーターが接触して発電不良。

 

 

 

僅かな費用でオルタネーターの

予防整備としては有効でしょう。

 

 

s-IMG_7866 s-IMG_7868 s-IMG_7870

 

 

ムラタトレーディング社のラジエターリフレッシャー。

 

ラジエター・エンジン・ヒーターコアのLLCを

圧送式で全量交換。

 

 

 

 

回収したLLCを5ミクロン25ミクロンの

ダブルフィルターでろ過再生。

 

キレイにろ過したLLCを

ダイヤフラムポンプで再注入。

 

 

 

毎分7Lの吐出量でアイドリングは約20分。

計算上140LのLLCが圧送循環。

 

最後にエア抜き作業をしてLLC再生強化剤で

防錆・消泡を強化します。

 

 

 

 

s-IMG_7873 s-IMG_7872

 

フロントロアアームのリアブッシュ。

 

サスペンションブッシュの中で、

一番負荷が掛かる箇所です。

 

 

輸入車であれば1万円以上する純正ブッシュは、

このクラウンはブラケット付でなぜか3千円以下。

 

 

液封入ブッシュでここまで安いなら、

破格の純正定価でしょう。(安すぎですね。)

 

( ぜひ純正で交換しましょう!!)

 

 

 

 

 

交換してからアライメントリフトで1G締付。

試運転後にトータルアライメントを調整します。

 

 

s-IMG_7879 s-IMG_7881

 

 

米国 ハンター社 ホークアイW470

4カメラ X 4ターゲット。

 

日本 スギヤス社 ビシャモン

マルチユースアライメントリフト ロング。

 

 

 

 

 

 

クラウン200系の調整可能箇所は

フロント・リアのトゥのみ。

 

 

今回はアブソーバーを交換して間もないという事で、

メーカー基準値で調整しました。

 

 

s-IMG_7887 s-IMG_7885

 

 

新車から9年・7万キロ。

 

そろそろ気になる整備箇所が見つかる時期に、

先手の予防整備をすれば

また良い状態で使用出来ると思います。

 

 

 

リフレッシュプランは

新車時に近づける為の『提案型整備プラン』

(よくある車検時の点検整備とは少し趣旨が違います。)

 

 

 

(もしこの車両が私の車なら予算内でどう整備するか?)

(あとコレくらい使用するなら、どこの箇所から整備するか?)

そう思いながらプランニングさせて頂いています。

 

 

 

バラバラに整備するより、

ある程度まとめてイッキに整備した方が

結果的には経済的に使用できると思っています。

 

 

s-IMG_8440

 

今年2月にリフレッシュプランを実施して頂いたお客様から

先日メールを頂きました。

http://minato-motors.com/blog/?p=12425

 

 

あれから好調に使用中で車検期限が無くなり、

地元で車検を依頼。

 

 

するとお店の方から(何をしに来たの?)というぐらい、

整備する箇所が無くほぼ素通しで継続検査が終了。

 

 

お礼と報告も兼ねてメールを頂きました。

 

 

 

 

あのレベルの整備をすれば当分の間はノーメンテでしょう。

(せいぜいエンジンオイル交換ぐらいかな)

 

あの時は福島県から1ヶ月預かりだったので、

バッチリ整備させて頂きました。  ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

リフレッシュプラン等のご予約・ご相談は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしています。

 

お手数ですがどうぞ宜しくお願い致します。

Happy Car Life!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年9月16日

このページのトップへ