1. TOP
  2. ミナトBLOG

あの記録が破られた!! 北海道からアテンザ来店。  ディーゼル煤の除去作業。 

もうこれ以上の記録は生まれないでしょう!

と思っていましたが・・・。

 

 

 

『来店最長距離記録』

宮城県仙台市 860km

http://minato-motors.com/blog/?p=10775

 

宮崎県宮崎市 909km

http://minato-motors.com/blog/?p=11095

 

s-IMG_9890

 

北海道札幌市近郊からお越し頂きました。

 

アテンザワゴン GJ2FW

走行距離85000km MT車

 

 

 

インテーク系に蓄積する煤を

ドライアイスで除去する『DSC』のご依頼です。

 

http://minato-motors.com/dsc/

 

 

 

もともとはガソリン直噴エンジンの

インテークバルブ周辺に蓄積固着するカーボンを

完全除去するために弊社が開発したDSC。

 

 

これならクリーンディーゼルの煤蓄積も

解決できると始めたのが1年半ほど前の話。

 

 

 

おかげさまで全国各地から来店頂いています。

 

 

s-IMG_9831 s-IMG_9832 s-IMG_9833

 

 

サクサクインテーク系の部品を分解し、

内部の状態をチェックします。

 

 

s-IMG_9834 s-IMG_9835 s-IMG_9840

 

 

煤の量は少なく見えますが、

オイルが吸着され非常硬く固着しています。

 

 

煤とオイルが混じって圧縮され

熱で焼き固められた感じでしょうか?

 

 

MT車に多い蓄積パターンですが、

このタイプは非常に作業が難航します。

 

 

s-IMG_9841 s-IMG_9842 s-IMG_9844 s-IMG_9845 s-IMG_9846 s-IMG_9847

 

 

エンジンヘッド側も圧縮固着しており、

超硬ピックでゴリゴリ削ると

モリモリ溢れてきました。

 

 

 

 

s-IMG_9852 s-IMG_9853

 

 

ボディが汚れないように

マスキングで完全防備。

 

 

 

s-IMG_5853 s-IMG_5851 kkkk

 

ドライアイス洗浄機と

DSC特殊ノズルを使用して、

煤蓄積を除去しますね。

 

 

指で潰れるほど柔らかい

ドライアイスペレットは、

エンジンの金属やゴムシール等に

ノーダメージで作業が出来ます。

 

 

 

s-IMG_9856 s-IMG_9857 s-IMG_9859

 

 

 

いつもなら一瞬で剥離する煤蓄積は、

焼き付いているため非常に硬い。

 

 

 

s-IMG_9860 s-IMG_9862

 

今回は非常に手間取りそうな予感。

 

DSCノズルを使い分けながら、

少しずつ剥離除去していきます。

 

 

s-IMG_9864 s-IMG_9865 s-IMG_9866 s-IMG_9867 s-IMG_9870

 

いつもの倍以上時間が掛かりましたが、

なんとか除去作業を完了しました。

 

 

経験上このタイプの蓄積の時は、

大体こんな感じで苦労しますね。

 

 

s-IMG_9877 s-IMG_9878 s-IMG_9880 s-IMG_9881 s-IMG_9883

s-IMG_9885

 

インテークマニホールドの内壁に固着した煤は、

なかなか剥離してくれない。

 

 

こちらも時間を掛けて作業しました。

 

 

純正ガスケットを使用して

組み立てしますね。

 

 

s-IMG_9849 s-IMG_9850 s-IMG_9887 s-IMG_9888

 

DSCのオプション整備 インタークーラー洗浄。

 

内部に溜まったブローバイオイルを

キレイに洗い流します。

 

 

 

最初に外して作業中は縦に吊るしておいて、

ある程度のオイルを排出させる。

 

最後に洗浄液で内部を洗い流して、

エアブローでフィニッシュ。

 

 

IN・OUTのガスケットも交換しますよ。

 

 

s-IMG_9829

s-IMG_9889

 

こちらも追加オプションのMTオイル交換。

 

NUTEC ニューテック NC-70 75W90

全化学合成ギアオイル(エステル系)

 

 

極薄で強靭な油膜性能は、

スコスコとシフトが入ります。

 

冷間時でもシフトフィーリングが向上し

ギア保護にも有効ですよ。

 

 

最後に各学習値をリセットして、

燃料噴射量を再学習させて完了です。

 

 

s-IMG_9896

 

納車時に今回はフェリー等で

北海道から来られたのですか?

 

(小樽~舞鶴のフェリーを利用して??)

と尋ねると

 

 

 

津軽海峡はフェリーを利用しましたが、

それ以外は高速道路or一般道で走ってきたそうです。

(少なくとも走行距離1300km)

 

 

 

定年退職し時間は十分あるから、

ワンコと一緒に旅をしてるんだ!!

とお話されました。

 

 

 

 

今回は日帰り作業だったのと、

天気が良く暖かい日だったので、

近くにある大仙公園でノンビリされたようですよ~。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_9893 s-IMG_9895

 

その日はもう一台

山口県からアテンザワゴンが、

DSC&ATF交換で入庫中。

 

 

 

 

 

s-IMG_1158 s-IMG_1134 s-IMG_1138 s-IMG_1153

 

 

こちらはAT車の通常使用のため、

予定通りの煤蓄積。

 

 

3パターンある蓄積具合の一つ、

手前で煤が蓄積して

奥ではあまり蓄積しない奴でした。

 

サクッとDSCをして除去完了。

 

 

 

s-IMG_1278

s-IMG_1302

 

ATF圧送式交換

・SKY-Dr用プレ洗浄ATF

・NUTEC NC-65 (全化学合成)

 

 

 

プレ洗浄油で全量圧送式交換をして、

NC-65でもう一度全量交換しました。

 

 

キレイに入れ替わりましたね。

 

 

ここまでキレイになれば、

次回交換推奨距離は約6万キロになります。

 

 

 

s-IMG_9891

 

 

北海道からのアテンザWの方から、

後日メールを頂きました。

 

 

 

無事地元に到着された事と、

エンジンのフィーリング・違和感等が

解決されたとのご報告。

 

 

こちらこそ遠方からお越し頂いて

ありがとうございます。

 

 

s-IMG_9892

 

 

スカイアクティブ-ディーゼルを搭載した、

アクセラ・CX-5・アテンザの方で

 

新車時からのあのトルク感が

無くなったと感じられるようでしたら

ぜひDSCをオススメします。

 

 

DSCのご相談ご予約は

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2017年11月11日

このページのトップへ