1. TOP
  2. ミナトBLOG

マークX 130系 ATF完全圧送式交換&DSC

本日もミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越しいただきありがとうございます。

今回入庫したのはトヨタ マークX GRX130 走行距離11万キロ。


・ATF完全圧送式交換 for NUTEC NC-65

・DSC(ドライアイスショットカーボンクリーニング)

のご依頼です。


問診と試運転をし、フルードチェックをしてから作業を始めますね。
まずはオイルパンを外してストレーナーを交換します。



オイルパンを洗浄しストレーナーを交換、
ガスケットも交換して元通りに組立ます。

排出したATFを補充して完全暖機します。


密封式6速ATに専用アダプターを接続し、
ATFチェンジャーに接続します。



これで交換効率の高い圧送式交換の準備が出来ましたね。


本命ATFを使用する前にまずはプレ洗浄。

NUTEC謹製NC-RF(仮名)で全量圧送式交換を行います。



弊社がNUTECさんに企画を申し込み、

プレ洗浄用リンシングフルードを製作していただいています。

http://minato-motors.com/blog/?p=17434


これを使用してプレ洗浄を行いますね。


一番汚れているオイルパンを洗浄して、

プレ洗浄を行って、やっとここまでキレイになりました。




次に使用するのはNUTEC ニューテックNC-65
ニューテック最高峰の全化学合成ATF(エステル系)。



極薄で強靭な油膜性能はローフリクション・ハイパフォーマンス。



また非常に高い耐熱性能は一般走行レベルの熱負荷では、

なかなか劣化しないでしょう。


おそらく市販ATFでは最強レベルのフルードでしょうね。
かなりロングライフに使えますよ~。

ほぼほぼ完璧に入れ替わりましたね。

ここまでキレイに入れ替われば、次回推奨交換距離は約6万キロになります。




ATFクーラーを洗浄して、規定温度でフルードレベル調整を行いました。



次はDSC。
ドライアイスショットカーボンクリーニングを施工します。



4GR-FSEエンジンには直噴特有のインテーク系カーボン蓄積があるのは、

ご存じだと思います。




こちらも定期的なカーボン除去で理想的な吸気渦を取り戻し、

本来の性能に回復させますね。



インテーク系の部品を分解して、

インテークバルブとインテークポートを確認します。

バルブ傘部にビッシリ固着したカーボンは非常に強固。
焼き付いているので、手作業の除去は難しいでしょう。




ドライアイス洗浄機を使用して、

固着したカーボンを完全除去します。


ドライアイス粒(ペレット)を圧縮空気で高速噴射。


<熱収縮と昇華爆発力>


金属等にはノーダメージで完璧に短時間に除去します。




軽く数秒ほどショットすれば、

ペレットが直撃した部分はキレイになりましたね。




数種類あるDSC専用ノズルとアダプターを組み合わせて、

バルブを完全に洗浄していきますよ~。


6気筒12ポートを全てキレイに除去完了。




スワールコントロールバルブもDSCでキレイにしました。



サージタンクは洗浄剤で煤を洗い流し、

ガスケットも交換して元の状態に組付けます。




エンジン始動し、再学習させて試運転を行います。

ATF交換とDSCの作業は各1日ずつ掛かりますので、

今回は1泊2日で作業を完了しました。

(もちろんオプション整備を追加しても1泊2日で完了します。)



ATF交換・DSCのオプション整備も今回作業をしています。



・デフオイル交換 NUTEC NC-70 70w90 全化学合成
・LLC圧送式交換





ATF交換はATに不具合が発生してからする作業ではなく、

そうなる前に施工しておく予防整備になります。


直噴エンジンの場合は構造上どうしてもカーボンが蓄積しますので、

こちらも定期的にDSCでの除去をお勧めしています。

マークXの本来の性能を取り戻し、

良い状態でドライブするとさらに愛着が湧くと思いますよ~。



ATF交換・DSCの御見積・ご予約は、

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。



それではHAPPY CAR LIFE!!







2020年5月24日

このページのトップへ