1. TOP
  2. ミナトBLOG

レクサス IS-F USE20 ATF完全圧送式交換。  ストリート走行・サーキット走行。どちらもNC-65がベストでしょう。

s-IMG_7598

 

岐阜県からお越し頂いたのは

レクサス IS-F USE20

H24年式 85000km

 

 

 

 

・ATF完全圧送式交換  for NUTEC NC-65

・デフオイル  for NUTEC NC-70 75w90

・カーエアコンリフレッシュα  for NUTEC NC-200

・スロットルボディ清掃 & 初期化

 

 

定番4点セットのご依頼です。

 

 

s-IMG_6481

s-IMG_7609 s-IMG_7605 s-IMG_7608 s-IMG_7606

 

過去のATF交換暦は不明。

 

この鉄粉量やATFの劣化具合をみても、

おそらく新車から無交換だと思います。

 

 

 

s-IMG_7610 s-IMG_7612

 

ATFストレーナーを交換して、

オイルパンも洗浄しガスケットも交換。

 

タンマリ溜まっていた鉄粉も除去しました。

 

 

 

IS-Fは依頼数が多いので

常時3台分のガスケット・ストレーナーは

ストックしています~。

 

 

 

s-IMG_7623

 

これでやっとATF交換の準備が完了。

 

 

 

 

プレ洗浄を始めます。

 

アイシンAFW+で規定量分を

全量イッキに圧送式交換しますね。

 

(レクサス・トヨタのATはアイシン精機製です。)

 

 

 

 

s-IMG_7625 s-IMG_7630 s-IMG_7634 s-IMG_7635 s-IMG_7638 s-IMG_7639

 

 

一番汚れているはずのオイルパンを洗浄し

全量イッキに圧送式交換をして、

やっとココまでキレイになりました。

 

 

 

中央ビーカーの作業前廃油から比べれば、

かなりキレイになりましたが・・・。

 

左奥の新油から比べると

まだまだ汚れていますね。

 

 

 

ここからアイドリングを15分、

次は本命ATFで交換します。

 

 

 

 

s-IMG_7645

 

NUTEC ニューテック 『NC-65』

全化学合成ATF (エステル系)

 

おそらく市販品ATFでは最強スペックのATF。

 

 

極限まで微細化された分子構造は、

強靭な油膜性能を発揮します。

 

ローフリクション・ハイパフォーマンス。

 

 

一度使えば良さが分かるでしょう。

 

 

 

s-IMG_7646

 

 

NC-65をセットして

もう一度全量圧送式で交換します。

 

 

 

 

s-IMG_7648 s-IMG_7657 s-IMG_7658 s-IMG_7661 s-IMG_7663 s-IMG_7666

 

きれいに入れ替わりましたね。

 

 

 

注意

NC-65は薄緑色のため色味が弱いです。

AFW+の赤色に干渉されますので

色まではキレイに入れ替わりません。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7675

 

 

ATF交換が終われば規定温度で油量調整に移行しますが、

その時に重要なのがリフトの水平レベル精度。

 

 

 

規定温度でATF量を調整しても、

車体自体が傾いてリフトアップされていれば

意味が無いですよね。

 

 

 

高い水平レベル精度を保つ

スギヤス社ビシャモン マルチアライメントリフトは

安心して調整作業が出来ますね。

 

 

油温調整モードに移行させてから、

正確にATF量を調整させて頂きました。

 

 

s-IMG_7602

 

デフオイルもNUTECで交換します。

 

 

NUTEC NC-70 75W90

(全化学合成ギアオイル エステル系)

 

 

純正ギアオイル以上のスペックを

お求めの方にはオススメしています。

 

 

s-IMG_7599 s-IMG_7600 s-IMG_7601 s-IMG_7604 s-IMG_7615

 

 

手動ポンプでオイルを注入。

 

ドレンボルトの鉄粉も除去して、

中空ガスケットも交換して

規定トルクでマシ締めしました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7616 s-IMG_7617

 

 

オプション整備のスロットルボディ清掃。

 

WAKO’S スロットルバルブクリーナーで、

電子制御バルブに蓄積したカーボン除去。

 

ウエスに洗浄剤を染みこまし、

手作業でバルブ内部を洗浄します。

 

 

 

清掃後には初期化作業を実施しました。

(アイドリング安定化にオススメです。)

 

 

おそらくこの汚れっぷりなら、

新車から一度も清掃してなさそうですね。

 

 

 

s-IMG_7669

 

 

カーエアコンリフレッシュαで

カーエアコンのメンテナンス。

 

http://minato-motors.com/blog/?p=14570

 

 

 

s-IMG_7671 s-IMG_7672 s-IMG_7670

 

 

デンゲン社エコマックスJrに規定充填量をセットして、

NUTEC NC-200 コンプブーストも同時にチャージ。

 

 

 

s-IMG_7673

 

規定充填量から約25%(110g)ほど、

冷媒ガスが減っていたようですね。

 

 

 

年々減少するAC冷媒ガスは

数年に一度ぐらいは点検した方が良いですよ~。

 

s-IMG_6480

s-IMG_6478

 

 

 

 

 

 

続いて兵庫県から入庫したのも、

レクサスIS-F USE20

 

走行距離は55000km

 

 

ATFリピート交換を依頼されました。

 

 

s-IMG_7344

 

 

 

前回ATF交換からわずか2万キロですが、

その間サーキット走行を楽しまれていたようです。

 

 

 

もうそろそろ前回使用したNC-65と

NC-70が劣化しているかも?との事で

少し早めに交換依頼となりました。

 

 

 

サーキット走行で全開走行を繰り返せば、

ATF・デフオイルの熱劣化が急速に進みます。

 

オイルが完全に劣化してしまうと、

最悪ミッション・デフを破損や損傷するでしょう。

 

 

s-IMG_7290

 

 

ATFをチェックするとNC-65は少し汚れた程度で、

まだまだ大丈夫でしょう。

 

 

NC-65の耐熱性能は非常に高く、

真っ黒に熱劣化させるには

かなり酷使しないと無理だと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7291 s-IMG_7292

 

 

逆にデフオイルは結構汚れていますね。

 

Rがキツイコーナーをグリグリ走行すると、

デフオイルの負担は大きいのでしょう。

 

 

 

 

s-IMG_7301 s-IMG_7306 s-IMG_7310 s-IMG_7312 s-IMG_7318 s-IMG_7320 s-IMG_7323 s-IMG_7328 s-IMG_7331 s-IMG_7333

 

 

今回はオイルパン洗浄無し・プレ洗浄無しの、

NC-65で全量圧送式交換のみ。

 

 

キレイに入れ替わりましたね~。

 

 

s-IMG_7294 s-IMG_7297 s-IMG_7298

 

デフオイルも、

もう一度NC-70で交換。

 

 

次回のデフオイル交換はもうワンランクアップした

NUTEC最高峰ギアオイル UW-75・UW-76も

検討した方がよさそうですね。

 

 

 

s-IMG_7339 s-IMG_7338 s-IMG_7337 s-IMG_7335

 

 

前回入庫時に未実施だった

オプション整備のカーエアコンリフレッシュαも行いました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_7285

 

 

レクサス IS-Fの純正ATFはオートフルードWS。

 

 

低燃費に全振りしたトヨタ アクアから

サーキット走行も想定したIS-Fまで

全て同じATFが使用されています。

 

 

高温時の耐熱性が低い純正ATFで

油温が120℃を常時越えるようでは、

かなりヤバイと思います。

 

 

サーキット走行をガンガン楽しむなら

NC-65のチョイスはベストだと思いますよ~。

 

 

 

 

またストリート走行メインでNC-65を使用すれば、

ATFのロングライフ化に貢献します。

 

 

 

次回交換推奨距離は6万キロ。

 

高い初期性能が劣化せず長く継続するので、

費用対効果は高いと思いますよ~。

 

 

(最近では8割以上の方がNUTEC NC-65での交換を希望されますね。)

 

 

 

 

 

 

 

本日もミナト自動車自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

ATF交換は完全予約制となり、

ほとんどの車種は日帰りで完了します。

 

ATF交換のご予約ご相談は

HP(お問い合わせフォーム)からお待ちしていますね。

 

Happy Car Life!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年8月25日

このページのトップへ