1. TOP
  2. ミナトBLOG

アルファード MNH10系 リフレッシュプラン。  効果的な整備が車両復活の近道ですよ~。

奈良県からお越し頂きました。

アルファード MNH10 V6 3.0L

走行距離 106000km

 

 

 

リフレッシュプランのご依頼です。

 

 

 

s-IMG_6544

 

 

 

 

初代アルファード10系は根強い人気車種で、

リフレッシュプランの依頼件数は非常に多いですね。

 

 

内外装がGoodコンディションのMNH10は、

今回は足回り系とATF交換をメインに依頼されました。

 

 

 

 

 

s-IMG_7994 s-IMG_7995 s-IMG_7996

s-IMG_7997

 

リフレッシュプランでは希望整備が

足回りやATF交換がメインでも、

もちろん車両全体をチェックします。

 

 

 

 

試運転後に排気ガスをテストすると、

完璧な燃焼状態。

 

Tベルトやスパークプラグ系は交換済みなので、

エンジン関係は問題ないでしょう。

 

 

バッテリーアナライザーでの

充電・発電状態も良好でした。

 

 

 

 

s-IMG_6530 s-IMG_6533 s-IMG_6540

 

 

リフレッシュプランに含まれる『事前アライメント測定』は

現在のサスペンションコンディションを見極めます。

 

 

この数値を整備プランニングの参考にし、

整備提案の材料となります。

 

 

 

 

s-IMG_7988

 

典型的な悪いアライメント数値は、

むしろよくあるある数値です。

 

 

 

継続検査(車検)で行うサイドスリップ検査の弊害で、

フロントトゥが大幅にアウトになっていますね。

 

 

 

トータルアライメントを調整せず

長年サイドスリップ検査に合格し続ければ、

だんだん高速安定性が悪くなる矛盾。

 

 

(サイドスリップとトータルアライメントは全く違います。)

(車検制度にはトータルアライメントの概念はないですからね。)

 

 

 

 

s-IMG_8236

 

 

リフトアップして各部を点検し、

予算に合わせたオススメの整備プランを

提案させて頂きました。

 

 

 

協議しながらプランを多少微修正し

オーナーさんからOKが出ましたので、

作業を開始しますね。

 

 

s-IMG_8310

 

前後ブレーキキャリパーのオーバーホール。

 

・キャリパーを分解して完全洗浄。

・ゴム製ピストンシール&ダストブーツ交換。

・ブレーキパッドは残量が多いため研磨で再利用。

・ディスクローターはリア側は研磨し、フロントは新品交換。

 

 

 

あまりにもパッド残量が多ければ、

セオリーではないですが再利用も可能です。

 

 

 

s-IMG_8311 s-IMG_8315 s-IMG_8318 s-IMG_8319 s-IMG_8321 s-IMG_8322 s-IMG_8323 s-IMG_8324

 

 

 

フロントディスクローターは状態が悪く、

厚みが限度に近いので新品交換となりました。

 

リア側は問題なくOK。

研磨作業で再生します。

 

 

s-IMG_8267 s-IMG_8269 s-IMG_8270 s-IMG_8282 s-IMG_8287 s-IMG_8288 s-IMG_8289 s-IMG_8290 s-IMG_8291 s-IMG_8299

 

 

 

リアは研磨してから耐熱塗装。

フロントはトキコ製のディスクローターをチョイス。

 

 

 

s-IMG_8325 s-IMG_8357

 

 

ここまで作業すれば、

当分はブレーキメンテから開放されるでしょう。

 

 

今時のブレーキホース・マスターシリンダは、

コレぐらいの年式・距離では問題ないですし。

 

 

 

 

s-IMG_8243 s-IMG_8242 s-IMG_8244 s-IMG_8246 s-IMG_8239

 

定番のリアアクスルビーム・ブッシュ交換。

バックリとブッシュが左右とも割れていますね。

 

 

 

 

ビームASSYを車体から外し、

ブッシュを打ち替えます。

 

 

ディーラーさんでは基本的にASSY交換が多いそうですが、

弊社ではSSTがありますのでブッシュのみ交換が可能です。

 

 

また位置決めも重要で、

間違えて装着すると再使用が難しくなりますね。

 

 

 

調べた訳ではないですが、

このビームブッシュ交換を日本で一番作業しているのは、

もしかして私ではないかな?と最近思っています。

(何十台も交換した人いるのかな~?)

 

 

s-IMG_8252 s-IMG_8253 s-IMG_8254 s-IMG_8257s-IMG_8272

 

 

 

 

フロント左右のロアアーム交換は、

アームブッシュの単体供給がない為、

アームASSYでの交換になります。

 

 

 

 

アルファード10系のロアアームは簡単には外れないのですが、

こちらも何十台も作業しているのでサクサク分解します。

 

 

 

またロアボールジョイントも同時交換ですね。

 

 

s-IMG_8000 s-IMG_8001 s-IMG_8328s-IMG_8364

 

 

10万キロも走行すれば、

すっかり劣化しているショックアブソーバー。

 

ふわふわ・カタカタと乗り心地が悪化、

高い車両重心はロールのたびにフラツキます。

 

 

今回は前後4本を

カヤバ ニューSR-Sでリフレッシュ交換。

 

バンプやベアリングなどの消耗部品も同時交換ですよ~。

 

 

s-IMG_8361 s-IMG_8377 s-IMG_8382 s-IMG_8385 s-IMG_8388 s-IMG_8390

 

 

 

AT容量に対して車重が重すぎるアルファード。

ATF交換はミッション予防整備の唯一の方法。

 

 

まずはAT内部を

徹底的にキレイにしますね。

 

 

 

s-IMG_8338s-IMG_8339s-IMG_8343s-IMG_8345s-IMG_8346s-IMG_8494 s-IMG_8513

 

・オイルパン洗浄・ストレーナー交換

・アイシンAFW+で全量圧送式交換

 

規定容量分をイッキに交換して、

やっとここまでキレイになりました。

 

 

 

 

奥に見える新油と比べると、

まだまだ汚れていますね。

 

もう一度AFW+で全量圧送式交換をします。

 

 

 

 

 

s-IMG_8517 s-IMG_8524 s-IMG_8529 s-IMG_8534 s-IMG_8537 s-IMG_8538

 

 

ここまでキレイになれば、

次回推奨交換時期は4万キロとお伝えしています。

 

 

s-IMG_7981

 

アライメントリフトの上で

ショックアブソーバーやブッシュなどを1G締付。

 

ブッシュテンションを開放してから、

もう一度締め付けます。

 

これをしないとブッシュの寿命が縮みますよ~。

 

 

 

 

試運転をし再度アライメントを測定すると、

まだリアの数値が良くないですね。

 

 

SPC社 (リアシム71024)を使用して

調整不可のアクスルビームのアライメントを調整します。

 

 

 

 

s-IMG_8399 s-IMG_8397 s-IMG_8400

 

ブレーキとハブを外して、

アクスルビームとの間にシムを挟みます。

 

シムの厚み(角度)は6種類あり、

数値に合わせて選択。

 

 

 

再測定すると

ほぼキャンバーとトゥの左右差がなくなり、

スラスト角もゼロになりましたね。

 

 

特に左リアはキャンバーが-1度50分ぐらいあったので、

イイ感じに修正出来たと思います。

 

 

 

s-IMG_7991 s-IMG_8402

 

 

直進安定性に影響するリア数値が決まれば、

フロント側を調整します。

 

 

左右のキャンバーを整えて、

トゥとハンドルセンターも調整しました。

 

 

 

s-IMG_6539

 

ハンター社アライメントテスター (ホークアイWA470)

4センサー X 4ターゲット

 

旧型テスターと大きく違うのは

ホイールに傷が付かない軽量樹脂ターゲットと(WinToe機能)

 

 

ホイールに取り付けるターゲットとホイール面との間には、

シリコンリングが付いてます。

 

柔らかいシリコンリングのおかげで、

ホイールには傷が付かないのですよ~。

 

 

s-IMG_7992

 

ステアリングセンターをWA470に記憶させて、

トゥとセンターを同時に調整出来るWinToe機能。

 

 

トゥ調整中にハンドルやステアリングロッドが動いても、

WA470のセンサーが捕捉し続けて数値を案内します。

(よってステアリングホルダーでの固定はしない)

 

 

 

センターがほぼ1回で決まり、

作業者にとっては非常に便利で仕事が早い。

 

 

s-IMG_6535

 

部品欠品等もなくスムーズに作業が進行し、

2週間預かりで納車となりました。

 

 

 

 

納車後にオーナーさんからのレビューでは、

・直進安定性が向上し乗り心地が回復した。

・ブレーキングがリニアになり、効きが良くなった。

 

 

正しい整備をすればここまで変わるのか?と、

改めて整備の重要性や効果を実感されたようですね。

 

 

s-IMG_7988

 

 

ショックアブソーバーが劣化しブッシュが破損したままでは、

10年10万キロ相応のコンディションでしょう。

 

 

それに入庫時のアライメント数値がこのようでは、

自動車は真っ直ぐ走らないし、ドライブの疲労も大きい。

 

 

 

 

 

元の素材が良いアルファード10系は、

10万キロぐらいで乗り換える車両ではないと思います。

 

 

きちんと整備すれば

まだまだ新車時に近い走りになり、

十分満足いく愛車に変わると思いますよ~。

 

 

s-IMG_6542

 

 

弊社がオススメする(リフレッシュプラン)は、

よくある定期点検等ではありません。

 

 

定期点検や車検整備時に実施しない作業を、

集中して行うするトータルメンテナンスです。

 

それ相応の費用は掛かりますが、

満足度の高い整備メニューと自負しています。

 

 

 

 

 

リフレッシュプランのご相談・ご予約は、

HPお問い合わせフォームからお待ちしていますね~。

 

 

Happy Car Life!!

 

 

 

 

 

2017年9月24日

このページのトップへ