1. TOP
  2. ミナトBLOG

提案型リフレッシュ整備『リフレッシュプラン』   3つの質問をしています。 2017改正版

ミナト自動車ブログ 日々是好日に

お越し頂きありがとうございます。

 

 

最近好評頂いている依頼が

提案型リフレッシュ整備『リフレッシュプラン

 

 

 

法令点検項目 と 独自基準のチェックから

 

必要なオススメ整備

お客様が希望する整備を合わせて

最適な整備プランを提案しています。

 

 

s-IMG_5135 (2)

s-IMG_9716

 

 

ある程度年式・走行を経過した車両の整備は

(いくら掛かりますか?)というよりも、

(いくら掛けれますか?)と。

 

 

 

作業重複度を考慮せず個別にバラバラに整備するよりも、

ある程度の予算をまとめてイッキに関連部分を整備した方が、

 

結果的には工賃の節約にもなり、

効果が高い整備が出来ると考えています。

 

 

 

 

(もしこの車両が私の愛車ならどこから整備をするだろうか?)

そんな目線でプランニングさせて頂いています。

 

 

 

s-IMG_7081 s-IMG_7124

 

 

もちろんお客様の予算に合わせてプランニング。

 

どれを実施して・どれを保留にするかは

点検後にメール等で相談し決めていきます。

 

 

(俺がすすめる整備はコレだ~!!)と

押し付ける事はないのでご安心くださいね。

 

 

そこで

 

リフレッシュプランのメール依頼を頂いた時には、

こちらから3点質問をさせて頂いています。

 

 

s-IMG_9388 s-IMG_9379

 

 

その1

現状の不具合や不満点

使用していて気になるところがあれば、

少しでもお伝え頂けると助かります。

 

 

 

もちろん問診・試運転は行いますが、

ユーザーさんの乗車時間と比べれば少ないので

参考にさせて頂いています。

 

 

 

 

 

例えば10万キロ走行のガソリンAT車の場合、

アイドリングでブルブル震える・燃費が悪い とお聞きすれば

 

 

スパークプラグ・エアエレメントなどの

法令点検項目以外にも、

 

スロットル・ISCVやO2センサーなどの

アイドリング・燃費に関連する箇所も

視野を広げてチェックします。

 

 

 

s-IMG_5691 s-IMG_5700

 

例えば

・ハンドルのセンターがズレている。

・右/左に車両が流れる。

・高速のレーンチェンジでフラつく。 などなど、

 

トータルアライメント乱れ・サスペンションの劣化が

考えられるのでアライメントテスターでチェック。

 

 

 

 

リフレッシュプランの点検は

 

・3ガス排気ガステスター (エンジン系)

・最新アライメントテスター (足回り系)

・バッテリーアナライザー(発電・充電系)

・スキャンツール (ECU・制御系)

などのデジタル的な点検と

 

試運転からリフトアップし、

タイヤを外してのアナログ的な点検。

 

 

両方の点検結果から

オススメの整備プランを制作し提案しています。

 

 

s-IMG_9585 s-IMG_9593

 

 

 

その2

お預かりできる期間』を教えてほしいのです。

 

リフトのスケジュールと代車の調整など

 

1週間なのか?

2週間以上なのか?

1ヶ月でも大丈夫なのか?

 

 

お預かりできる期間によっては

受付済みのスケジュール等を考慮して

入庫日を調整しています。

 

 

s-IMG_7094

 

 

また代車が必要な場合は

それも確保しないといけません。

 

軽自動車(ナビ・ETC付)になりますがお貸ししています。

 

 

 

 

s-IMG_4178

 

 

その3

もう一つ必ずお聞きしているのは、『予算』です。

 

最初から金額の話をすると(えっ)て思われますが、

承知の上でお聞きしています。

 

 

 

いったい今回の整備にどれぐらいの予算を組まれているのか?

 

この金額によって短期で終わる整備、

軽いリフレッシュ整備を求めているのか?

 

今後も長く使用する予定で

ガッツリ整備でリフレッシュをするのか?

 

ある程度お客様の要望が確認できます。

 

 

 

例えば住宅リフォームをする時には、

工務店さんにある程度の予算を伝えますよね。

 

その予算から屋根や水周り、

外壁や内装を決めていくと思います。

 

 

予算が100万円と1000万円では、

リフォームする規模と資材も全く違う。

 

自動車でもリフレッシュするなら、それと同じなのです。

 

s-IMG_8886 s-IMG_8912 s-IMG_8911

 

 

 

またメールでの要望 と 予算のアンバランスさも、

ここで指摘できます。

 

 

(走行距離を考慮すれば、ソレどう考えても足りないよ??)

(まだ3万キロ走行で、そこまで金額を掛けるのですか??)

 

 

人それぞれ愛車に対する、

価値観や思い入れは違いますからね。

 

 

 

 

 

s-IMG_7106

 

 

走行距離10万キロ まだまだ使用したいと考えていて、

予算は20万円だとします。

 

 

 

 

この場合車両全体のガッツリ整備は出来ませんが、

点検と希望整備から最適なプランを計画して

優先順位の高い項目から予算内で整備する。

 

 

 

 

 

20万円ぐらいなら入庫日数も

2週間以内の場合がメインになりますよね。

 

残された整備箇所は今後の課題として、後日整備をしていく。

 

 

お車の現状を知った上で使用する事は、

何も知らずに壊れるまで使用する事と、

まったく意味が変わってきますよね。

 

 

 

s-IMG_8779 s-IMG_8780 s-IMG_8783 s-IMG_8795

 

 

 

逆に10万キロ走行で予算は40万円以上の場合、

過去の整備暦にもよりますが『重整備』が予想され

車両全体をリフレッシュする事になると思います。

 

 

・ラジエターなどの冷却ラインの全交換

・ショック、サスブッシュなど足回りのリフレッシュ

・エンジンでも簡単には整備できない深い箇所

 

タイヤを外してリフトに2週間以上使うとなれば、

他の整備とのスケジュールも考慮しないといけなくなります。

 

 

 

 

 

s-IMG_7164

 

 

最近多いのが純正部品のメーカー欠品。(納期遅延)

 

部品センターに在庫が無く

バックオーダーが掛かる場合が多いです。

 

 

場合によっては

部品代金を前金にて入金してもらい、

入庫前に取り寄せして

お預かり期間を短縮する事もあります。

 

 

 

 

お預かりできる日程と予算次第で、

長期お預かりが予想される場合は

 

お伝えしておかないとお客様に

ご迷惑が掛かる場合がありますので。

 

s-IMG_2616 s-IMG_2633 s-IMG_2651

 

 

(今度の3連休に使いたかったのに・・・・。)

(この週末はどうしても必要だった。)

 

 

セカンド・サードカーの場合は良いのですが、

メインカーとなると代車で間に合うか?も

考慮しないといけないからです。

 

 

 

また弊社側の代車スケジュール調整も必要になります。

 

s-IMG_3461

 

s-IMG_3639

 

 

 

どこの整備工場にもある

点検作業)に似ているのですが、

 

見ている箇所や作業する内容は

ロードサイドでよく見るノボリ

(クイック点検)(無料点検)等とは全く違います。

 

 

 

(リフレッシュ点検ってそんなに大袈裟なの?)

(3日ぐらいで簡単に!!)

と思われる方も多いでしょう。

 

 

 

 

でもキチンとした作業を深くすれば、

どうしても時間は必要になるのですよね。

 

また診断・点検で使用する機器も、

(よくある点検)とは全く違うと思います。

 

 

 

 

s-IMG_5126 s-IMG_2981

 

 

 

 

弊社の(リフレッシュプラン)をご希望の方は

HP(お問い合わせフォーム)からご相談くださいね。

 

 

・愛車の不具合や不満点。

・お預かりできる期間(日数)

・今回の整備予算

 

をお知らせ頂けると助かります。

 

 

 

 

どうぞご理解の程、宜しくお願いします。

 

ミナト自動車 店主

 

 

 

 

 

2017年2月18日

このページのトップへ